しだれ梅が綺麗な鈴鹿の森庭園に行きました

三重

この日は三重県の梅を見に行にいくツーリングで、いなべ市梅林公園へ行ったあとしだれ梅が綺麗と噂されていた鈴鹿の森庭園へ寄ってみたのですが、そこはしだれ梅が咲き乱れる素晴らしい庭園でした。

鈴鹿の森庭園の場所

僕はいなべ市梅林公園から下道でトコトコとバイクで流して1時間くらいでした。最短ルートだと各方面より東名阪自動車道の鈴鹿インターで降りるのが良いかと思います。

料金

駐車場は無料でした。

庭園への入園料金は、私が入った時は1000円でした。ここの料金はしだれ梅の開花状況によって料金が変動するようですので、鈴鹿の森庭園公式サイトで本日の料金を確認するのがよさそうです。

いざ入園!

鈴鹿の森庭園にはしだれ梅が200本以上植えられているそうで、その景観は圧巻の一言でした。

この日は散り始めとのことでしたが、まだまだピンクのしだれ梅の枝垂れる姿は息を飲むほど綺麗でした。

大きな梅の木には名前がついていて、ひときわ存在感があります。 

梅の木が植わっている所は立ち入り禁止になっており、柵で囲われています。

そのおかげで散って地面に落ちた花びらがそのままピンクの絨毯となり、さらに梅の木の周りの緑色とのコントラストで僕のようなド素人初心者カメラマンでもそこそこ綺麗な写真になりました。

こちらの「天の龍」は大きな梅の木の前に日本庭園風のしつらえがしてあり、ひときわ存在感を放っていました。

上の写真は地面近くの下の方から上に向かって撮ってみた図。庭園にはたくさんのカメラマンが思い思いの写真を撮っていました。カメラを地面から上に向けて撮っている方が何人かいたので、僕も真似をしてみました。しだれ梅は下から撮ると迫力のある画になるんですね。

花びらのアップもパシャリ。たくさんのしだれ梅があり、それぞれの木の表情みたいなのがあるので、いろんな構図で撮ってみました。

 

お店もあるよ

庭園内にはお店もあり、軽食をとることもできます。みたらし団子が美味しそうでした。また、庭園の出口にはお土産やさんがあります。

まとめ

鈴鹿の森庭園のしだれ梅は本当に素晴らしい景観でした。
入園料は梅の開花状況により変動制で、一番見頃の時で1500円になるそうですが、それだけの価値は十分にあると思います。

2019年の春に是非一度訪れてみてください。

コメント