北海道5日目〜6日目 富良野〜美瑛〜函館

北海道

前日は帯広の近く、本別にある本別公園静山キャンプ村でキャンプをしました。

北海道バイク旅5日目は富良野、美瑛へ行ってみます。

富良野へ

本別から帯広をそのまま通過し富良野へ。

富良野も北海道らしい風景や道路が続きます。

上の写真は上富良野にあるジェットコースターの路。
道路のアップダウンがジェットコースターのようになっているから。
こんなにまっすぐでアップダウンのある道路というのは本州ではなかなかお目にかかれません。

この道路の反対側もずっと直線でした。

そして美瑛へ。

 こちらは美瑛にある、四季彩の丘というところ。
広大なお花畑は圧巻です。

そして、四季彩の丘のとなりにあるアルパカ牧場へも寄って見ました。
アルパカに餌をあげることもできます。

ライダーハウス「ヒグマ」

そしてこの日の宿泊はライダーハウス「ヒグマ」へ。

なぜヒグマという名前なのか。
それはこのライダーハウスのご主人が・・・是非一度行ってみてください。

ライダーハウス「ヒグマ」は宿泊費無料!
初回のみクラブ登録料?500円がかかります。
つまり、初めて泊まる場合、1泊で500円、30連泊しても500円です。

そしてこちらのライダーハウスでは夕食も頼めます。
せっかくなので、鹿カツ&鹿の刺身をいただくことに。

1人で頼んだのですが、3人前くらいのボリュームで出てきました。
とても食べきれないので、この日宿泊していた他4人のライダーさん、チャリダーさんとシェアして食べました。
鹿の刺身はクセがなく馬肉のように美味しかったです。

函館へ

次の日。朝から雨が降っていました。

天気予報では1日中雨予報なので雨の中、ライダーハウスヒグマを後にして函館を目指します。

雨の中約350km走り、ようやく函館の宿泊地、ドミトリーシルシルに到着。

こちらも格安で、男女別の部屋に分かれており、男性部屋は二段ベッドが3つありました。
早いもの順にベッドを確保していくスタイルです。
といってもこの日の宿泊客は僕の他に若い男子1名と女子1名でした。

そして本州へ

翌日は函館港から青森県の大間にフェリーで渡ります。
シルシルに泊まっていた女の子も同じ船に乗るとのこと。
僕は一足先にシルシルを後にして、北海道最後の朝ごはんをセイコーマートで買い、フェリー乗り場で食べることにしました。

セイコーマート

セイコーマートはコンビニですが、野菜や肉など、簡単な調理ができる食材も置いてあり、北海道へ来たライダーはみんなセイコーマートで買い物をします。
僕も北海道滞在中は毎日のようにセイコーマートで買い物をしていました。

追記:2018年9月6日に北海道で発生した地震で、道内全域で停電となり、他のコンビニが営業停止となる中、セイコーマートは車から電力供給して営業を続けるという対応に賞賛の声が集まっています。

ねとらぼ記事:北海道の停電 地元コンビニ「セイコーマート」が車から電力供給して営業 広報「コードを常備している」

フェリー乗り場にバイクを停めて海を眺めながら朝ごはんを食べていると、シルシルで泊まっていた女の子がやって来ました。彼女のバイクは熊本ナンバー。
フェリーの乗船案内まで彼女と北海道や熊本の話など、雑談をして過ごします。

そしてフェリー乗船。

出航して北海道が離れていくのを眺めながら、また来年の夏も来ようと決意しました。

フェリーに乗ったら1時間半ほどで大間に到着。
シルシルの彼女ともここでお別れ。
それぞれの路へ旅立って行きました。

コメント