秋の丹波路バイクツーリング

丹波路 兵庫

この日は朝から雨が降っていた。
天気予報では「曇りのち晴れ、降水確率20%」だと言うのに。
曇りのち晴れと言う事はそのうち晴れてくるのだろう。
小雨だったので特にレインコートを着ることもなく、バイクで走り出した。

走り出して10分ほど経つと、雨足が強まり出した。それでもまあ一時的に強くなることはあるだろうくらいに思っていた。
しかし一向に雨が止む気配はない。雨は強くなったり弱くなったりを繰り返し、もう止むかと思うとまた強くなる。

たまらずコンビニへ寄り、バイクのサイドバックに常備してあるレインコートを着込んだ。
春や秋の天気は予報が難しいというのは聞いた事がある。「女心と秋の空」ということわざもあるくらいだから、まあそうなのだろう。降らないと言われて、これだけ降られるとやはり、なんだ腹がたつ。

今日はここしばらく行っていなかった兵庫県の丹波地方をバイクで走ろうと決めていた。
大阪から丹波へはいくつかのルートがあるが、適当に下道を走っていこうと思い、まずは北上することにした。

しばらく走ると雨は上がり、バイクは京都府亀岡市の市街地へ入っていた。
さて、ここからどこまで行こうか。とりあえず、福知山あたりまで走ってみよう。
スマホのナビで福知山までのルートを確認しようとすると、現在地付近に「鉄道歴史公園」という文字が見えた。
乗り物全般が大好きな私としては鉄道ももちろん大好きである。
現在地から数百メートルの場所にあるようなので、寄り道をすることにした。

その”公園”の所在地はJR並河駅の駅前にあった。
期待を胸に奥へと歩いてみた。
鉄道歴史公園

向こう側に0系新幹線と、ディーゼル機関車が見える。
鉄道歴史公園

鉄道歴史公園

0系新幹線はぶった切られており、少し残念な気持ちになると同時に、高知のゆるきゃら「かつお人間」を思い出してしまった。

ディーゼル機関車のDD51は原型のまま展示されており、迫力がある。

側の階段を登り、反対側へ回るともっと近くで見る事ができるようになっていた。
運転室への扉は閉ざされており、中へ入ることはできないようだ。

鉄道歴史公園の展示はこれで全てである。
まあ、古き良きディーゼル機関車を久々に見る事ができたので、良しとしよう。

改めて福知山へ向けて出発。
しばらくして、道の駅で休憩したところで、今日の目的の一つを思い出した。

この日、丹波地方をバイクで走ろうと思ったのには理由がある。
一つはのどかな里山風景を見ながらのんびりツーリングがしたいと言うこと。
もう一つはあるものをゲットすることであった。

ふとトイレ休憩に寄った道の駅で、この時期この地方の道の駅ならどこでも売ってるだろうと思っていた例のものがなかったので不安になってきた。
どこでも売っている訳ではないのか?
ここから少し進路を変更することにした。

亀岡から福知山まではしばらく国道9号線を走ることになっているのだが、途中で目的地を変更し、国道9号線から外れて名もなき県道へ入る。

丹波地方の県道などは、非常にのどかでバイクを気持ちよく走らせる事ができる。
しばらくして、先ほど立ち寄ったところとは別の道の駅「丹波おばあちゃんの里」に到着した。

最近の道の駅は農産物の直売がされており、新鮮な野菜が安く手に入る。

この日のお目当はこちら

先ほどの道の駅にはなかったが、ここにはあった。
そう、丹波といえば大粒で甘いことで有名は丹波栗。
この日はバイクでのどかな田舎道を走るということと、この丹波栗を買うことが主な目的であった。
昨年もこの「おばあちゃんの里」で丹波栗を買ったので、ここにはあるだろうと思っていた。

一つの大きな目的を達成することができたので、まずはホッとした。

そして再びバイクで走り出し、今度こそ、福知山まで行って見ることに。
福知山に何か目的があった訳ではない。ただ道中の田舎道を満喫したかっただけである。

もうお昼になりお腹が空いてきた。
このような時、無性に天下一品のこってりラーメンが食べたくなることがある。
せっかく丹波地方に来ているのに、チェーン店のラーメンなど食べなくてもと思う方もいるかも知れないが、その時食べたいものを食べればいいのではないかと思う。

天下一品で満足したら、また丹波地方の田舎道を軽快に飛ばしていく。
丹波といえば、栗の他に黒豆が有名だが、10月になると下の写真のような”のぼり”を至る所で目にするようになる。

黒豆の枝豆である。
毎年解禁日が決まっており、2018年は10月5日とのこと。
解禁日から3週間ほどしか手に入らない希少な枝豆である。

普通の枝豆と比べると随分高価だが、昨年食べたときの独特の風味を思い出し、期間限定にも背中を押されてついつい買ってしまう。

黒豆の枝豆

店のご主人が、今年は全体的に収穫量が少ないと嘆いていた。
昨年は先ほどの道の駅でも売っていたが今年は売っていなかった。そう言う事だったのか。

丹波の秋の味覚を手にする事ができたので、そろそろ進路を大阪へ。
途中眠くなってきたので、いい感じの広場を見つけて昼寝をすることにした。
最近のお気に入りはこれ。
DDハンモック

DDハンモック。
当ブログで設営手順など書いているので、ご参考に。
木が2本あれば簡単に設営できてユラユラと揺られながらお昼寝もできる。

少し仮眠をとり、元気になったらまた走り出す。
そうして秋の田舎の空気を満喫して家路についた。

そろそろ寒くなってくるので、バイクに乗る際はしっかり防寒をするのが良いかと。

栗ご飯

コメント