南紀白浜〜潮岬 バイクでキャンプ旅

円月島 和歌山

もうすっかり秋ですね。穏やかな陽が差し込む11月の週末。天気予報は晴れ。
青空が映える海を眺めに久しぶりに南紀白浜、そして本州最南端の潮岬へ行って来ました。

南紀白浜へ

大阪から白浜へは高速道路を使えば2時間半ほどで行けるのですが、一泊するのであれば急ぐ必要なし。
なので下道をとにかく南へ、紀伊山地を縦断していきます。
途中、赤や黄色に色づく木々を見ながら走っていると、風が急に冷たくなったり暖かくなったり。
この風の変化を感じる事はバイクで走る楽しみの一つです。

紀伊山地

そうして山あいを走る事約4時間。ついに海へ。
白浜周辺には自然の造形がすばらしい景勝地がいくつかあり、何度来ても「おおっ!」となります。

三段壁

まずは断崖絶壁の三段壁。

三段壁

空もよく晴れて暖かく、本当に気持ちがいいです。
ちなみに今回は行かなかったのですが、この三段壁の下には洞窟があり、有料だけどエレベーターでその洞窟まで降りることができます。

千畳敷

先ほどの三段壁から1km足らずのところにも絶景。
それがこの千畳敷。
千畳敷

千畳敷

砂岩というここの岩は非常に柔らかく、硬いものでなぞると簡単に掘れてしまいます。
よって、そこら中に落書きがあるのですが落書きは禁止です。

千畳敷風が強く、波が打ちつける様子はまるでサスペンスドラマのラストシーンのよう。
凶器をもった犯人や船越英一郎が現れることはありませんでした。

円月島

千畳敷からはバイクで10分ほど走り、南紀白浜の温泉街を抜けるとぽっかり穴の空いた小さな島が見えます。
こちらが円月島。

円月島

この美しい景色を眺めていると、なにやら船が。

円月島と舟何の船でしょうか。しばらくして船は去って行きました。

潮岬へ

白浜地区の景色を楽しんだら、本州最南端へ。
円月島からは2時間ほどかかるのですが、その道中の国道42号線は海を眺めながら走ることができます。
そして、今回のお宿である望楼の芝キャンプ場へ到着。
キャンプ場の写真は翌日に撮ったので後ほど紹介します。

星空の橋杭岩

潮岬にあるキャンプ場から車、バイクで15分ほどの場所に、岩が橋の杭のようになっている景勝地、橋杭岩があります。
昼間は多くの観光客が訪れるのですが、今回は夜も雲ひとつない快晴だったので、星が綺麗に見えていました。
橋杭岩

潮岬キャンプ場

この日泊まったキャンプ場は、本州最南端の潮岬にあるキャンプ場です。
場所はこちら。

望楼の芝キャンプ場

こちらは予約不要でキャンプ場の利用料も無料です。
バイクツーリングの方が多い印象です。

キャンプ場からの眺めも最高!

望楼の芝キャンプ場

ここが本州最南端です。

望楼の芝キャンプ場

遊歩道があり、西へ5分ほど歩くと潮岬灯台が見えます。

前日はキャンプ場に着く頃には既に夕日が沈んでいたのですが、以前来た時はここから眺める夕日が最高でした。
潮岬キャンプ場、本当におすすめです。
今回訪れた時は11月ということもあり無料でしたが、繁忙期は有料となるそうです。
詳細は南紀串本観光ガイドのホームページをご確認ください。

コメント