紅葉の絨毯!滋賀県にある鶏足寺の紅葉

鶏足寺 滋賀

琵琶湖の湖北にある鶏足寺。参道に散り落ちた紅葉がまるで紅い絨毯のようだと数年前から有名になりました。
僕もその写真に感動し、4年ほど前から紅葉の季節になると毎年訪れています。
そんな鶏足寺に2018年も行って来ましたので、ご紹介したいと思います。

鶏足寺の場所

住所:滋賀県長浜市木之本町古橋

北陸自動車道を走り、最近できた小谷城スマート IC(ETCのみ)を降りると、そこから鶏足寺まで曲がるポイントごとに案内の看板が出ています。
シーズン中は臨時駐車場が開設されますが、とても混雑します。
案内係の方が誘導してくれますので指示に従います。

鶏足寺の料金

駐車場は無料ですが、高校生以上は「紅葉散策協力金」として200円を払います。

鶏足寺までの散策路

駐車場から鶏足寺までは15分ほど歩くことになります。
里山の美味しい空気を吸いながらのハイキングです。
鶏足寺

鶏足寺

道中では地元で採れた野菜や果物、薬草の入浴剤などが売り出されています。
僕は毎年「ゆず」を買って帰ります。
そして、こちらも毎年買っています。
唐辛子の無人販売

とうがらしの無人販売。
大人気のようで、鶏足寺までの行きの道中で無くなっていたのですが、帰りに補充されていて今年も買うことができました。

唐辛子

とうがらし畑。

鶏足寺

途中にある茶屋では、みたらし団子や五平餅などが売られています。

鶏足寺 茶畑

茶畑が広がる風景も。

スポンサーリンク

鶏足寺の紅葉

のどかな里山の景色を眺めながら歩いていると、いよいよ鶏足寺に到着です。
鶏足寺

2018年は少し紅葉が遅いみたいで11月18日現在、まだ絨毯というほどには散っていませんでした。
ちなみにこの参道、紅葉のシーズンは立ち入り禁止となります。

初めて来た4年前は立ち入り禁止になっていませんでした。ネット上で紅葉の絨毯の写真が話題になり、観光客が一気に押し寄せて地面の紅葉を踏んでしまい、残念な結果に。
そして次の年に来てみると、境内の一部が立入禁止となって、綺麗な紅葉の絨毯となっていました。

鶏足寺

個人的には本殿に背を向けて撮った反対側からの景色の方が好きです。

ちなみに2017年の写真はこちら。

鶏足寺

2017年も同じ時期、11月中旬に来たのですが、綺麗な紅い絨毯になっていました。

鶏足寺

一本の木でも陽の当たる場所により紅葉の進みかたが違って緑やオレンジ、紅が混ざってとても綺麗です。
鶏足寺ではこのようなグラデーションを至るところで見ることができます。

2018年はまだまだ見頃で、これからさらに綺麗な紅葉の絨毯となっていくと思います。
是非、滋賀県の鶏足寺に足を運んでみてください。

コメント