鳥取砂丘にある無料で予約不要の柳茶屋キャンプ場はおすすめです

キャンプ場

鳥取砂丘を見たくなったので、バイクで行く事にしました。

大阪からだと日帰りで行けない事もありませんが、下道をゆっくり走りたかったので、1泊キャンプをする事にしました。

柳茶屋キャンプ場の場所や料金

鳥取市浜坂1157-115
鳥取砂丘内にあります。

料金は無料です。予約も必要ありません。

ただし、到着後キャンプ場の隣にある、鳥取市サイクリングターミナル「砂丘の家」で利用申込書の記入が必要です。

柳茶屋キャンプ場はこんなところ

地面は砂地ですが、松林の中にあるので夏でも涼しげです。

ペグの固定も特に問題なくできました。

こちらのキャンプ場、トイレや炊事場はとても綺麗です。
ゴミも分別して捨てることができます。
これで無料とは。

ゴールデンウィークなどの連休は混雑するそうですが、僕が行った通常の土日はそれほど混んでいなかったので、ゆったりと隣のサイトと間を空けて、テントを設営することができました。

鳥取砂丘へ

鳥取砂丘というのがどんなものか、一度行ってみると、そのスケールに圧倒されます。

柳茶屋キャンプ場も鳥取砂丘内にあるのですが、駐車場やお土産売り場などが並ぶ観光地となっている場所は車、バイクで2〜3分走ったところにあります。

こちらが鳥取砂丘です

一面、ほぼ砂です。

鳥取砂丘ではラクダにも乗れるようです。

砂の絶壁をこれから登ろうとする若者たち。
僕も正面に立ちはばかる絶壁を登ってみました。

見た目的にはこんなところ登れそうに見えないのですが、砂地なので、以外と登れます。
ただし、足が重くなり、なかなか進めないので、登りきったのはいいのですが、筋肉痛になりそうです。

この砂の絶壁からの眺めも素晴らしい。

パラグライダーもできます。

近くにパラグライダーのスクールもあるので、興味のある方は是非。
僕もいずれ、パラグライダーで空を飛んで見たいと思っています。

こちらは先ほどの観光地となっている、いわゆる”鳥取砂丘”ではなく、柳茶屋キャンプ場から徒歩でくることができる”鳥取砂丘”です。
朝起きてキャンプ場から散歩がてらきてみたら、素晴らしい景色でした。

砂の上にはいろんな足跡があります。

鳥取砂丘は初めてきたのですが、素晴らしい眺めで大満足でした。

砂丘内に無料で予約いらずのキャンプ場もあり、かなりおすすめの観光地です。

コメント