別府温泉(鉄輪温泉)で癒される

大分

昨日泊まったホテル芳美。

じゃらんのレビューでは評価が分かれています。
ゴールデンウィーク真っ只中にもかかわらず、素泊まり1泊2800円。
昨日が平日だったからとかではなく5月3日でも同じ価格です。

確かに古いです。
電話線は電電公社っぽいし、部屋の鍵は内側のボタンを押して閉めるタイプだし、スイッチ類も古いし。

確かに古いけど、不潔な感じではないです。
布団のシーツと枕カバーは綺麗だし、近くに食べるところもたくさんあるので、格安ではないかと思います。

ホテルの近くに新しめのコインランドリーを見つけたのでそこでこれまでの旅で溜まった洗濯物を洗いました。

さて、この日は1日雨のため、ここ、別府温泉郷にある鉄輪温泉の観光をすることにします。
バイクを停めてある場所へ行くと昨日宿泊してた多摩ナンバーのライダーさんが居たので、話をしました。
今日は雨なのでホテルにそのまま置かせてもらうようお願いしてオッケーをもらったとの事。

僕もそうしようとホテルのおばちゃんに交渉してオッケーを頂いたので徒歩で鉄輪温泉を回ります。

鉄輪温泉といえば地獄めぐり。
いくつか地獄を巡ってみようと思います。

温泉の湯けむりがそこら中から立ち込めています。

ホテルから20分ほど歩いて、最初の地獄は海地獄。

ほんとに海のようです。どうなったらこんな色になるんでしょう。

ちなみにこの地獄めぐりは8ヶ所ある地獄はそれぞれの地獄の入場料400円かかります。

2,000円で全ての地獄に入れる共通券というのがあるので、5ヶ所以上回るなら共通券がお得です。

ぼくは今回4ヶ所回りました。

海地獄の次はかまど地獄。

かまど地獄は1丁目2丁目という風になっていて、いろんな地獄が見られます。
下の写真は地獄3丁目。やっぱり青い⁉︎

かまど地獄には極楽も1丁目2丁目という風にあり、足の岩盤浴や飲む温泉などがあります。

飲んで見ましたが塩分があり、おかゆのような味がしました。

次は血の池地獄に向かいました。血の池地獄はここから3kmほどあり、歩いて行くには少し遠いです。

雨も降っていてバイクでいくのも厳しそうだったので、バスで行くことにしました。片道190円の普通の路線バスのバス停がすぐ近くにありました。

そして着いた血の池地獄

ホントに真っ赤です。

血の池地獄爆発ヶ所。220m吹き上げたんですね。

お次は血の池地獄のとなりの龍巻地獄。

こちらは間欠泉というやつですね。龍巻地獄では30分おきくらいに温泉が吹き上げます。僕が行ったときは前回の龍巻が終わった直後だったようで、30分待ちました。

そろそろかなという頃、ゴボゴボと音がしてシャーっと吹き上げました。

見物していた人々は歓声をあげ、写真を撮っていました。

そしてまたバスで戻り、お次はお風呂に入ります。

ひょうたん温泉が日帰り温泉として一番大きくて良さそうでした。

とりあえず温泉の前にお昼ご飯。

ひょうたん温泉の食堂で地獄づくし定食を注文。

温泉の湯気で蒸した料理がメインです。

スマホで撮った写真がピンボケになってしまいました(^^;

この地獄づくし定食、ボリュームがかなりあります。

お腹いっぱいになったので、少し休憩をしてから温泉へ。

まずお目当の砂場から。

浴衣をきて砂場にスコップが置いてあるので、穴を掘って入り、体の上に砂をかけて、体を砂の中に埋めると、じわっと汗が出て来ます。

サウナのような感じだけどそこまで熱くないので、ずっと入ってられます。

そして露天風呂、檜風呂など一通り入り、瀧湯で瀧に打たれて、すっかりリフレッシュしました。

夕方、小雨になって来たのを見計らって、別府を後にします。

次の日は阿蘇山へ行きたいので阿蘇までの途中にある「辻河原公園キャンプ場」で一泊しました。

コメント