【奈良吉野】大寒波の中のバイクツーリング

奈良

奈良県吉野郡にある天川村。僕は子供の頃に両親によく連れて行ってもらっていました。

いまでも綺麗な川を見たくなったり森林浴がしたくなったりすると、天川村へ行きます。

といっても真冬に行くことはめったにないんですけど(^^;

でも真冬の天川村ではどんな景色が見られるのかと思い、寒波が来ていて大阪でも最低気温が氷点下になるこの日、おそらく雪景色であろう天川村をめざしてバイクを走らせることにしました。

基本的に車の通りの少ない道路は確実に凍結しているので避けてはしります。大阪から天川村までの道路は幸いにもほとんど国道を通っていくことができるので、あわよくば凍結道路なしでたどり着けるのではないかという期待で進んで行きます。

道路の状況を無理そうなら引き返そうというつもりで走ります。

しかし、案の定、黒滝村にある「道の駅 吉野路黒滝」を過ぎて一山越えようとするところで、カチカチでツルツルの道路状況(-_-)

これは無理!ということで引き返すことにしました。

やはりそこそこ標高の高い山を越えていかなければならず、厳冬期では車通りの多い国道といえども、凍結はまぬがれません。

ということで、なるべく標高の低いところでバイクを走らせて大自然の空気を感じるツーリングへと予定変更です。

黒滝村の道の駅からちょっと戻って、東方向へ進路変更です。

吉野川沿いに東吉野を目指すことにしました。

この日の天気予報は「晴れ」でしたが、山沿いは雪が降っています。

ちょっと寄り道した大滝ダムではものすごい雪が降っています。

当然のことながら、広い駐車場にも車は止まっていません。

というか駐車場はだいぶ雪が積もっています。

冬の大滝ダムを少し見たら早々に引き返します。

そして吉野川沿いをひたすら東へ走り、東吉野に入ります。

奈良県の吉野地方はどの川も水がきれいです。

川沿いの道でバイクを停められる広場を見つけたのでお昼ご飯にします。

お昼はカップラーメンを持って来ていました。

僕はこのようにお昼はお湯を沸かしてラーメンを食べたりするのが大好きなんです。

寒い冬にバーナーでお湯を沸かして食べるラーメンは最高です。

ちなみに僕の使っているバーナーはMSRのウィスパーライトインターナショナルです。

これは灯油、ホワイトガソリン、レギュラーガソリンが燃料として使えるという優れもので、僕はいつも灯油で使っています。

なぜこのMSRのウィスパーライトインターナショナルにしたのかといった事や、他に持っている僕のキャンプ道具たちについては、別の機会にまとめて紹介したいと思います。

美味しいカップラーメンを食べて満足したので帰路につきました。

コメント